「酒蔵YOGA」情報ページ

yoga2013.exblog.jp
ブログトップ

2013年 08月 12日 ( 1 )

吉村昇洋先生 「はじめての坐禅(只管打坐入門)」


7人目の先生を紹介します☆
坐禅のレッスンをして下さる「吉村昇洋」先生です。

【プロフィール】
「吉村昇洋」
1977年3月、広島県生まれ。
・曹洞宗八屋山普門寺副住職
・臨床心理士
・県立広島大学 人間文化学部 健康科学科 非常勤講師

曹洞宗大本山永平寺にて2年2ヶ月間の修行生活を送り、乞暇後、永平寺史料全書編纂室を経て、広島の自坊に戻る。2005年11月より、宗派を超えた若手の僧侶で運営するインターネット寺院『虚空山 彼岸寺』にて精進料理のコンテンツ「禅僧の台所 ~オトナの精進料理~」を展開し、“食”を通して日常に活かせる禅仏教を伝える他、自坊での精進料理教室の主宰、全国のカルチャーセンターやイベントでの講師、各種雑誌での執筆なども積極的に行っている。また、僧侶にとって必要な“人の心と向き合う”側面に関心を持ったことから、臨床心理学を専門的に学び、現在、広島県内の病院にて臨床心理士としても活動をしている。

【レッスンタイトル】
「はじめての坐禅(只管打坐入門)」

【内容】
「坐禅(只管打坐)とは、くつろぎの型に自己を収めていくことです。しかし、私たちの日常は「◇◇のために△△をする」という能動的な活動の繰り返しで、ちっともくつろぐことができません。くつろぐには、むしろ「○○をやめる」という消極的かつ待ちの姿勢が必要なのですが、一秒たりとも現在の自分に落ち着いていられないのが私たちの現実です。ですので、“くつろごう”とするのではなく、“くつろぎを待つ”ということを自分の身体を通して体験してみませんか?」

b0299106_151814.jpg

[PR]
by sakagura2013 | 2013-08-12 14:59 | 講師紹介